スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】AKB48の超新星・江口愛実 アイスの実CMでいきなりセンターポジションをゲット

今週発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙&巻頭グラビアを飾ったAKB48の超新星・江口愛実が20日から放送されるグリコ「アイスの実」のCMで先の総選挙で上位だった前田敦子、大島優子ら先輩6人を押しのけ堂々とセンターポジションをゲットしたことが各スポーツ紙で報じられた。



気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-AKB48の超新星・江口愛実

「AKBがまだ売れていないころならいざ知らず、ここまで人気が出ているにもかかわらずの大抜擢にネット上では『実在するのか』との声があがっている。一部スポーツ紙の取材に対しAKB48の運営会社は『実在しますよ』と断言していた」(芸能記者)


それにしても、江口のプロフィールを見れば見るほど今回のCMのために加入したような印象を受けている関係者も多いようだ。


気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-AKB48の超新星・江口愛実

「名前は『江崎グリコ アイスの実』からネーミングし、誕生日の『2月11日』は同社の創立記念日。好きな食べ物は『アイス』、で特技の陸上競技は同社のランナーのマークを連想させるなど、あまりにもデキすぎている」(レコード会社関係者)


江口はAKBに12・5期生として加入。AKBに「○・5期生」として加入したのは、AKB劇場内のカフェで働いているところをファンの推薦で「1・5期生」として加入した、先日の総選挙で4位だった篠田麻里子となるが、「篠田は一部週刊誌でも報じられた通り、強力な“コネ”があったから。江口は秋元康総合プロデューサーの猛烈なプッシュがあったからの加入で2人とも特例」(同)という。


先の総選挙は8月発売のシングルのセンターおよび選抜メンバーを決めるために行われたが、この勢いだと、突然世に出た超新星がセンターをゲットしそうな気配がなきにしもあらず。この戦略も秋元氏が上位に入ったメンバーたちの危機感を煽るために違いない。






Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。