スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【科学】待機電力ゼロにする技術、東北大やNECなど研究チームが開発 大幅な節電の期待大

大型コンピューターから携帯電話まで、様々な電子機器の心臓部に使われる集積回路の待機電力をゼロにする技術を、東北大やNECなどの研究チームが開発した。製品化されれば大幅な省電力が期待できるという。13日から京都市で始まる国際会議で発表する。

(朝日新聞6月13日)



東北大の大野英男教授らのチームは、電子が持つ磁石の性質を利用してデータを記憶させ、電源を切っても「システムLSI(大規模集積回路)」の情報が消えないようにした。


電子の出し入れでデータを記憶させる現在のLSIは、電気が流れないと情報が失われる。このため、使用中は常に電気を流し続け、電源を切る時にはハードディスクなどに情報を移し、電源を入れた時は読み込む電力が必要になる。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。