スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】第3のビール、シェア4割台に 「家飲み」が後押しか

「第3のビール」が5月、ビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビールなど)の出荷量の4割を超えた。2003年の初登場から約8年。ビールを追い抜く日も近いかもしれない。

(朝日新聞6月10日)



ビール5社が10日、5月の出荷量を発表した。第3のビールが前年同月比12.3%増の1332万ケース(1ケース=大瓶20本)で、全体の40.9%を占めた。ビールは同18.7%減の1403万ケースで、全体の43.1%を占めたが、あと2.2ポイントまで迫られた。発泡酒は同19.8%減の522万ケースだった。


ビール類全体の出荷量は同8.6%減の3258万ケースとなり、5月としては2年連続で過去最低を更新した。4月は東日本大震災による品薄が回復して出荷が伸びたが、5月は大型連休などにあまり売れず、落ち込んだ。






生ビールを我慢して第3のビールを飲んでいる方も多いことでしょう。
お中元くらいはビールを送って喜んでもらいたいですよね。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。