スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】柏木由紀3位の大躍進で、“神セブン”崩壊!

アイドルグループ、AKB48が9日、次回シングルを歌う選抜メンバーを決める「第3回AKB48選抜総選挙」を東京・日本武道館で開催。柏木由紀(19)が前年の8位から3位に躍進。過去2回で上位7人を独占してきた“神セブン”の一角を初めて崩した。

(サンケイスポーツ6月10日)



愛くるしい笑顔の“ゆきりん”こと柏木が7万4252票で3位に飛び込み、AKB48が誇る「神セブン」の新時代到来を告げた。


ファンの間で有名な「神セブン」とは、過去2回の総選挙でトップ7を独占した前田、大島らの総称だが、昨年8位で“涙をのんだ”柏木が銅メダルに大躍進し、昨年4位の板野友美(19)が8位に“落選”した。


柏木由紀3位の大躍進で、“神セブン”崩壊!

5月25日の経過速報の順位を守り通したゆきりんは「アイドルはあいさつをする時、泣かない」という信念を貫き、目に涙を溜めながらも笑顔でファンに感謝。「速報3位と聞いた時、恐れ多かったけど、メンバーが頑張る姿を見て、向上心を持ち続けなければいけないと学びました」と語った。


チームBのキャプテンとして、ユニット「フレンチ・キス」の一員として常に一生懸命走ってきた。握手会では必ずファンの目を見て、丁寧に手を握りしめる健気さが総選挙で大きな支持となり、4位の篠田麻里子(25)ら人気メンバーを抑える快挙につながった。


「新・神セブン」に加わった柏木は「なぜか雑誌の取材などで(上位)7人が呼ばれて、切られることが多かったから、どうやったら認めてもらえるか考えてやってきました」と、念願の立ち位置に感無量の表情。「小さいころからアイドルになりたかったので、AKB48の一員として活動でき、本当に幸せで楽しいです」とキュートな声で叫ぶと、野太い大歓声が武道館に響いていた。






Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。