スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】1位奪還に前田敦子号泣!AKB選抜総選挙は17億円効果!

アイドルグループ、AKB48が9日、次回シングルを歌う選抜メンバーを決める「第3回AKB48選抜総選挙」を東京・日本武道館で開催。前回2位の前田敦子(19)が13万9892票を獲得し、1位に返り咲いた。
前田は「胸を張ってセンターで頑張りたい」と号泣。40位までの投票総数をCD売り上げで単純換算すると、実に17億円超にものぼった熾烈な選挙戦だった。前田は2位に終わった大島優子(22)と抱き合い、健闘をたたえ合った。

(サンケイスポーツ6月10日)



気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-1位奪還に前田敦子号泣!

昨年、悔し涙をこらえたあっちゃん。歓喜の涙は我慢できなかった。
次々とメンバーの名前が呼び上げられる中、じっと前を見据えていた。3位・柏木由紀(19)の発表の最中、張りつめる緊張に耐えきれなくなり、顔をふせた。


「1位、前田敦子!」


コールを受けた瞬間、泣き崩れ、涙で顔をグシャグシャにしながら約10秒間にわたる長いお辞儀。振り絞るように1年間の思いを語った。


「この1年間は、いろんなことを考えて毎日生活していました。こんなに支えてくださった皆さんがいるのに、どこかで孤独と闘いながら、毎日過ごしていました」


デビュー直後から絶対的エースとして、センターを定位置にしてきた。しかし、1位を本命視された昨年の総選挙では、大島に逆転を許した。それだけに、1年の集大成となるステージで、喜びと勝利の安堵感がないまぜになった複雑な感情を爆発させた。


「たくさんの方に応援していただいたことを、とっても感じることができました。もちろん、私のことが嫌いな方もいると思います。でも、ひとつだけお願いがあります。私のことを嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください」


気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-1位奪還に前田敦子号泣!

今年に入り、ソロCDデビューに初主演映画、初単独ドラマが次々決まった。AKBの出世頭としてファンに、仲間に、ぶざまな姿は見せられない。責任感が前田をひと回り成長させた。
祝福のセレモニーを終え、大島と抱擁。「これからも一緒にAKB48を支えてくれたらうれしい」と共闘を誓い合った。



国民的グループのNO.1を決める今回の選挙戦は、社会現象ともいえる盛り上がりをみせた。会場発表の得票数だけでも、CD売り上げの換算で約17億3000万円になる。東日本大震災で沈滞ムードが漂う日本経済を活性化させた。








・関連
リンク1リンク2第3回AKB総選挙 1位~40位 結果発表


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。