スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IT】「ドコモの接続料こそ問題」ソフトバンク、根拠開示拒否

携帯電話の接続料を巡る争いが、ソフトバンクグループとNTTグループの対立に発展する様相になってきた。
ソフトバンクモバイルは9日、NTTドコモが「高すぎる」として求めていた接続料の算定根拠の開示を拒否。ドコモの接続料やNTT東西にこそ問題があると批判し返した。

(朝日新聞6月9日)



携帯電話の接続料は、異なる通信会社間で通話した際、発信側の会社が着信側の会社に払う回線使用料。ドコモは先月、ソフトバンクに払う接続料が高いとして、算定根拠を開示するよう総務省の電気通信事業紛争処理委員会にあっせんを申請していた。


ソフトバンクは記者会見で、接続料が高いのは、使える周波数帯が違い、多くの基地局が必要になるためと主張。「ライバル会社に情報を開示できない」とドコモへの開示を拒否した。同委には今後、根拠を示す資料を提出し、第三者の検証を仰ぐ考えを示した。




・関連
「ソフトバンク接続料高すぎ」ドコモが紛争処理委に申請


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。