スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】河村市長、減税市議団に喝 条例案見送り、「使命感を持て」

減税日本代表の河村たかし名古屋市長が8日、同党市議団に、「使命感を持て」と怒りをぶつけた。同党が掲げた改革にかかわる条例案の提出が、軒並み見送られたからだ。前団長が公約違反で議員辞職に追い込まれた同党の傷は、簡単には癒えそうにない。

(朝日新聞6月9日)



「減税の議員は使命感を強く持たないかん」
河村氏は8日の名古屋競輪組合議会後、記者団にこう訴え、市議に自覚を求めた。「既存の政党にできなかったことを実現しろということで議員に選ばれた。何のための議会なんですか」


逆鱗(げきりん)に触れたのは、複数の自治体でつくる「一部事務組合」の議員報酬問題。組合議会の議員は県議や市議が兼ね、報酬も出る。減税日本は「報酬の二重取り」と廃止を訴えてきた。なのに市議団は、「準備が整わない」として名古屋港管理、競輪、競馬の3組合の報酬廃止条例案の6月議会への提案を見送った。


浅井康正・新団長は8日午後、急きょ記者会見した。表題は「一連の騒動に対するおわび」。則竹勅仁・前団長の議員辞職などを踏まえ、「傷ついた信頼を一日も早く回復するよう(減税、議員報酬半減、地域委員会全市拡大の)3大公約実現に全力を挙げる」と再生を誓った。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。