スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】今年の日本「ほぼゼロ成長」 世界銀行予測、0.1%増に下方修正

世界銀行は7日発表した世界経済見通しで、日本の2011年の実質国内総生産(GDP)成長率が、東日本大震災の影響で、0.1%増に減速すると予測した。今年1月時点の予測(1.8%増)を大幅に下方修正した。復興が進む12年は2.6%増と見込んでいる。

世銀は予測のなかで、95年の阪神大震災が、GDP成長率にはほとんど影響を与えなかったのに対し、今回の震災の影響は「より深刻だ」と指摘。企業の生産活動への影響や電力供給不足などで、11年の成長率がほぼゼロ成長にまで落ち込むと見込んだ。
13年の成長率は2.0%増と予測している。

(朝日新聞6月8日夕刊)



国際通貨基金(IMF)が今年4月に出した経済見通しでは、復旧が早期に進むことを見込んで、11年の成長率を1.4%と予測し、震災の影響は限定的になるとしていた。世銀の経済予測は、影響がより大きいとの見方が広がっていることを映しだした。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。