スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】貿易赤字1兆円超に 5月上中旬、震災で輸出減

5月上中旬(1~20日)の貿易統計(通関ベース、速報)によると、輸出額が前年同期比9.3%減の2兆7325億円に落ち込んだ。輸出額から輸入額を引いた貿易収支は1兆534億円の赤字。上中旬としては、1990年以降で最大の赤字幅となった。財務省が8日発表した。

(朝日新聞6月8日夕刊)



赤字額はリーマン・ショック後の09年1月上中旬の1兆343億円を超えた。東日本大震災以降、輸出の前年割れが続いている。今年の5月上中旬は、通関などでの荷動きが活発な平日が昨年より1日多かったにもかかわらず減った。自動車や半導体の電子部品や、プリンターの消耗品などパソコン関連品が大きく減ったという。


輸入額は13.4%増の3兆7859億円だった。原油や液化天然ガス、非鉄金属が増えた。輸入増には、エネルギー資源の価格高騰が影響しているとみられる。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。