スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】「ミッフィー」「キャシー」訴訟が和解 共同で義援金寄付

サンリオは7日、有名なウサギのキャラクター「ミッフィー」を模倣し著作権を侵害したとして、ミッフィーの生みの親であるオランダ人作家側から起こされていた訴訟について、アムステルダムの裁判所で和解が成立したと発表した。

(スポーツニッポン2011年6月7日)


「ミッフィー」「キャシー」訴訟が和解 共同で義援金寄付 画像

「訴訟を続けることでかかる費用を、東日本大震災の復旧・復興のために寄付すべきだという結論に至った」としており、サンリオと作家側の企業が共同で15万ユーロ(約1750万円)を義援金として寄付する。


訴えていたのはミッフィーの生みの親である作家ディック・ブルーナ氏の著作権を管理するオランダ企業メルシス。サンリオのキャラクター「キャシー」がミッフィーを模倣したと主張し、キャラクターの使用停止などを求めていた。和解ではキャラクターの著作権を「相互に尊重する立場を堅持する」と言及。サンリオは権利侵害を認めていないが、キャシーを使った新たな製品は今後生産しないという。


この問題では、裁判所が2010年11月、メルシスの主張をほぼ全面的に認め、オランダなどでの製品の生産、販売の即時停止を求める仮処分命令を出していた。



なんとも生産的な和解ですね。
民主党と自民党も大連立で生産的な和解をしてもらいたいところ。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。