スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】リニア中間駅予定地発表 神奈川は相模原、岐阜は中津川、長野は調整中

JR東海は7日、リニア中央新幹線(東京―大阪間)のうち、2027年に先行開業する予定の東京―名古屋間の具体的なルートと、沿線に建設する中間駅の候補地案を発表した。

1県1駅の原則にのっとって神奈川県は相模原市、山梨県は中央市など甲府盆地南部、岐阜県は中津川市西部を選んだ。ただ、長野県は、地元自治体との調整が続いており、この日の発表は見送った。

地下駅にするのはターミナル駅の品川と名古屋のほか、中間駅では相模原のみ。残る駅については地上駅にする。車両基地は、相模原市内と中津川市内の2カ所につくる計画だ。

(朝日新聞6月7日)




・関連
リンク1リンク2「リニア中央新幹線」建設を指示 国交相、JR東海に


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。