スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】東芝・ソニーが液晶事業の統合検討 世界トップシェア

東芝とソニーが、スマートフォン(多機能携帯電話)などに使う中小型の液晶パネル事業を統合する方向で検討に入ったことが7日分かった。年内にも新会社を設立し、産業革新機構が出資する方向で協議している。

両社の事業を合わせると、中小型液晶パネルのシェアは世界首位となる見通し。統合による規模の拡大と資金力の向上で、競合する韓国・台湾メーカーなどに対抗する考えだ。

(朝日新聞6月7日)



東芝とソニーの液晶パネル事業は、韓国や台湾などアジアメーカーの低価格製品にシェアを奪われて厳しい競争が続いているが、スマートフォン用など主に小型の液晶パネルは、今後、需要の拡大が見込まれる。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。