スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】松本人志「大日本人」ハリウッドでリメーク

お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(47)の初監督映画「大日本人」が、ハリウッドでリメークされることが5日、分かった。
米大手映画スタジオ、コロンビア映画がリメーク権を取得し、プロデューサー、脚本家も決定。先月30日、松本監督の最新作「さや侍」が、スイス・ロカルノ国際映画祭で特別上映されることが発表されたばかり。今年は海外で松本シネマブームが起きそうだ!

(サンケイスポーツ6月6日)


$気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-松本人志「大日本人」ハリウッドでリメーク 画像

松本監督のデビュー作「大日本人」が、映画のメッカ、米ハリウッドに認められた。所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーによると、今春、米大手映画スタジオ数社の争奪戦の末、コロンビア映画がリメーク権利を取得することで合意した。


撮影、公開時期、キャストは未定だが、米人気ドラマ「プリズン・ブレイク」のニール・H・モリッツ氏(52)がプロデューサーを務め、脚本は米映画「タイタンの戦い」などを担当したフィル・ヘイ氏とマット・マンフレイディ氏に決定。タイトル、ストーリーの変更については、松本監督がアドバイザリー契約を結び、意見交換を行う予定だ。


リメークのきっかけは海外での“松本シネマ”への高い評価だった。初監督に加え、主演、脚本も務めた「大日本人」は、07年のフランス・カンヌ国際映画祭の監督週間をはじめ、韓国・釜山など20もの映画祭に招待され、各国で話題に。


日本では2007年6月に公開され、興収12億円を記録。その後、08年4月に「Big Man Japan」のタイトルで米テキサスで公開。さらにニューヨーク、ロサンゼルスなど全米26都市で1年7カ月にわたりロングラン上映された。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。