スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テニス】中国の李娜、4大大会でアジア勢初V/全仏テニス

テニス・全仏オープン第14日(4日、パリ・ローランギャロス)女子単決勝は、全豪オープン準優勝の李娜(リー・ナ、中国)が前年覇者フランチェスカ・スキアボーネ(30)=イタリア=を6-4、7-6で破り、男女を通じてアジア勢で初めての4大大会単優勝を果たした。
李娜は大会後の世界ランキングで95年にクルム伊達公子(エステティックTBC)が記録したアジア選手最高に並ぶ4位に浮上する。29歳3カ月での4大大会初制覇は、68年のオープン化以降では5番目の年長記録となる。

(サンケイスポーツ6月6日)



中国の李娜(リー・ナ)、4大大会でアジア勢初V/全仏テニス 画像

いずれも100年以上の長い歴史があるテニスの4大大会に、中国の李娜がその名を刻んだ。4大大会の単では男女を通じ、アジア初の優勝だ。


勝利した瞬間、コートにあお向けになり、白いウエアの背中を赤土に染め、「リードする展開だったが、追いつかれてやっと勝てた。中国でみんなが興奮してくれていると思う」と笑顔が広がった。第1セットで相手サーブの第5ゲームを破って主導権を握り、第1サーブも確率が高く、第2セットのタイブレークを7-0で押し切った。


9年前、チームメートとの恋愛を許さない代表チームの束縛を嫌い引退を決意したこともある。4位でメダルを逃した北京五輪を最後に、代表活動と距離を置いた。左胸にハートとバラを組み合わせた入れ墨を施し、コーチでもある中国人の夫に愛を表す。国からのサポートがなくなり、プロ意識が芽生え、20代後半になって急成長。豊富な運動量とミスの少ない手堅いプレーに徹する。


5月に経済誌フォーブスが発表した「中国人の有名人ランキング」では女子スポーツ選手でトップ。推定収入は3087万元(約3億8000万円)と紹介され、母国ではメジャーなスポーツではないテニスに目を向けさせた。NBAで活躍した姚明、アテネ五輪の陸上男子110メートル障害金メダルの劉翔に続く、中国籍の「国際体育巨星(スター)」が誕生した。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。