スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【野球】松坂大輔「野球人生最大のピンチ」 会見中も終始うつむく

右ひじの手術を受けることになった大リーグ、レッドソックスの松坂は5日、本拠フェンウェイパークで記者会見を開き、「野球人生最大のピンチだが、それをどう変えるのかは自分次第。こういう試練を与えてくれた野球の神様に感謝できるようになれたらいい」と語った。

(朝日新聞6月6日)



3日に手術が決定後、初めて報道陣に対応。普段は記者の目を見て話す右腕だが、終始うつむいて答えた。腱(けん)を移植する「トミー・ジョン手術」は成功率が高く、チームメートの田沢らも受けている。手術への心境を問われると、一瞬の間が空いた。「診断されたときはショックだった。今は不安な気持ちしかない。100%(全員が)、復帰できるわけではない。最悪のことも考えてしまう」


レッドソックスが2007年に総額1億ドル(当時約120億円)で獲得しながら、2年目以降は毎年故障者リスト入り。今回の手術後、実戦復帰に1年以上かかり、チームに戻るのは来年7月以降になる。松坂は「多大な投資をして僕を取ってくれたのに、申し訳ないという気持ちだけです……」と小さな声で話した。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。