スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゴルフ】横峯さくら、ショット復調で女王奪回へ!

リゾートトラストレディス最終日(5日、長野・グランディ軽井沢GC=6505ヤード、パー72)スコアカードを提出した時点で、横峯は「1打足りずに2位だと思った」という。17番で2メートルのパーパットを外したことを「これが今優勝できない原因」と、反省の弁も用意していた。

その目の前で若い大城が最終ホールをダブルボギーとし、今季初優勝が転がり込んできた。「うれしいけど…」。敗者への配慮もあり、横峯に笑顔はなかった。

好調時の強さが戻ってきたのは確かだ。3打を追ってスタート。8番(パー5)で50ヤードの第3打をカップインさせるイーグルなど、11番までに「目標だった」5アンダーをクリアしたショットのよさには「九十八パーセント」の出来と胸を張った。

196試合目、25歳174日での生涯獲得賞金7億円突破には素っ気ない。しかし今季の賞金ランクで3位に浮上し、開幕前に宣言した賞金女王も視界に入ってきた。「狙える位置なら狙いたい」ときっぱり。2年ぶりの女王奪回への戦いがここから始まる。

(共同)





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。