スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】ショー練習中にイルカ事故死 プール外に転落 名古屋港水族館

名古屋港水族館(名古屋市港区)は5日、同水族館で飼育中のカマイルカ1頭が、4日のショーの練習でジャンプ中、プールサイドに転落して死んだ、と発表した。

同水族館によると、死んだのは推定17歳のメス「サラ」(体長2.11メートル、体重106キロ)。和歌山県太地町沖で捕まり、2008年から飼育していたという。09年にはメスの「アイ」を産み、親子でのショーが人気だった。4日午後2時ごろ、ショーの合間の練習中に高さ6メートルほど水面から飛び上がり、プール外へ転落したという。胸を強く打ち肺が破裂、即死だった。

(朝日新聞6月5日)



同水族館ではカマイルカ4頭、バンドウイルカ15頭を飼育。そのうち、カマイルカは死んだサラとアイがショーに参加していた。5日は別のカマイルカ1頭を加え、通常通りにショーを開いた。


同水族館は4日、1月に死んだシャチの死因について調べる調査委員会から飼育管理態勢の問題点を指摘されたばかり。広報担当者はカマイルカについて「通常の飼育として問題ないと考えている」としている。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。