スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしと小鳥とすずと / 金子みすゞ 話題の「こだまでしょうか」も収録

ACジャパンのCMで話題の「こだまでしょうか」、他にも「わたしと小鳥とすずと」「星とたんぽぽ」など、珠玉の60編を収録。



「みんなちがって、みんないい」(「わたしと小鳥とすずと」より)
簡単な言葉で綴られているのに心に響いてきます。



◆金子みすヾ(本名:金子テル)
明治36年(1903年)山口県大津郡仙崎村(今の長門市)に生まれる。大正末期、すぐれた作品を発表し、西條八十に『若き童謡詩人の巨星』とまで称賛されながら、昭和5年(1930年)26歳の若さで世を去った。没後その作品は散逸し、幻の童謡詩人と語り継がれるばかりとなったが、童謡詩人・矢崎節夫の長年の努力により遺稿集が見つかり、出版された。その優しさに貫かれた詩句の数々は、今確実に人々の心に広がり始めている。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。