スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国際】「サイバー空間に国際ルールを」 ゲーツ米国防長官が提唱

ゲーツ米国防長官は4日、サイバー空間の利用について多国間で議論を深め、禁止行為などのルールを確立するよう提唱した。シンガポールで開催中の「アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)」の質疑で語った。

米国内では1日、米インターネット検索最大手のグーグルのメールサービス「Gメール」が中国発とみられるサイバー攻撃を受け、パスワードなどが不正に取得された事件が明らかになったばかり。

(朝日新聞6月5日)



中国からのサイバー攻撃についての質問を受けたゲーツ長官は、「サイバーの脅威は非常に深刻に受け止めているが、発信源は様々で、一つの国だけからのものではない」としたうえで、「政府による攻撃行為と呼べる条件は何か」「反撃を要する戦争行為とは何か」といった要件について国防総省が検討していると説明した。



ソニーの個人情報流出や任天堂への不正侵入など、ここ最近日本もハッカー達には迷惑を被っている。
これほどに肥大化してしまったネット、当然規則は必要になるだろう。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。