スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法絶版マンガファイル浄化計画

Jコミが漫画の著作権侵害に有効な一手!?



気になるあの言葉!大辞典-ラブひな(赤松健)

画像は「ラブひな」より。



違法絶版マンガファイル浄化計画とは



意味

「違法絶版マンガファイル浄化計画」とは、コンテンツ産業を悩ますインターネット上の著作権物の無断流通への危惧から、Jコミが提案したプロジェクトである。


現在出回っている絶版漫画作品の回収を呼びかけ、それに応じて提供してくれたユーザーに対し、新たに広告を差し込んだ漫画を渡す。
広告入りの漫画が出回ることにより、ユーザー側も漫画を楽しめて、漫画作家側も広告による収入を得ることができるというシステムである。



使用例:
「ラブひな」や「魔法先生ネギま!」でも知られる、漫画家の赤松健氏が設立したJコミが、違法の絶版漫画ファイルを提供するよう呼びかけている。




これは著作権侵害への有効な一手に、いや、第三の道ですね。


Jコミによると、「絶版漫画に新しい価値を創出する事で、埋もれていた作品を掘り起こし、1つ1つライブラリに追加して、ゆくゆくは日本漫画の歴史的なアーカイブを作り上げてまいります。」と、忘れられていた作品にまた光を当てる役目があることも明かした。




赤松先生の作品の“健全なエロ”を支持します!


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。