スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】TV収録リハーサル時、熱中症で障害 元NSC生徒が提訴

テレビ番組のリハーサルで熱中症になって重い障害が残ったのは、主催した毎日放送(MBS)とリハーサルに参加させた吉本総合芸能学院(NSC)が熱中症対策を怠ったのが原因だとして、大阪府内の元NSC生徒の男性(24)と両親が約2億6千万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
テレビ番組でタレントらが負傷する事故はたびたび起きているが、テレビ局側の安全対策のあり方を問う訴訟は異例。

(朝日新聞6月1日)



1日に第1回口頭弁論が地裁であり、被告のMBSと、吉本興業の子会社でNSCを運営する「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」は男性側の請求を棄却するよう求めた。朝日新聞の取材に、MBS側は「裁判で主張する」、NSC側は「適切に(裁判に)対応する」としている。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。