スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】携帯電話で脳腫瘍のリスク、WHO

世界保健機関(WHO)は31日、携帯電話の電磁波はがん発症の原因になる可能性があるとの見解を発表した。発がんの危険がある物質の一覧表には、鉛、エンジン排気、クロロホルムなどと並び、携帯電話の利用を掲載した。

WHOはこれまで、携帯電話が健康に及ぼす悪影響は確認されていないとの立場を取ってきた。しかし米国など14カ国の科学者31人が、携帯電話の安全性に関するこれまでの研究結果を検証した結果、人体にがんを発症させ得る要因として、携帯電話利用を分類するに足る根拠はあると判断した。

(CNN Japan)



具体的には、携帯電話を利用すると、脳腫瘍の一種である神経膠腫(こうしゅ)や聴神経腫瘍へのリスクが増えることはある程度実証されていると判断した。ただしそれ以外のがんとの因果関係については結論が出なかった。


携帯電話から出る電磁波は非電離放射線と呼ばれ、X線とは異なるが、非常に出力の弱い電子レンジのような働きをする。



携帯電話にまつわる都市伝説、とりわけ電波が人体に影響を及ぼすといったものは多く耳にするが、その都市伝説もあながち間違っていなかったようだ。


携帯電話が普及し出してから20年と経っていないので、携帯電話の電磁波を一生浴びるとどれほどの発がんリスクになるのかはわかっていない。
仮に「携帯電話は人体に多大な影響を及ぼす」と言われても、その利便性から簡単に手放す事はできないだろう。
現代人の「携帯依存症」の方が、有害な電磁波よりもよっぽどタチが悪そうだ。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。