スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電気予報」 東京電力HPで明日の電力需要を予報

東京電力は31日、翌日の予想最大電力需要などを自社のホームページに掲載する「電気予報」を始めると発表した。
毎日午後6時をめどに更新する。電気予報は、電力不足が懸念された2008年夏以来だ。

(読売新聞5月31日)



天候や前年の実績などから翌日の最大電力需要を予測し、ピーク時間帯や供給力も掲載する。
東電は3月の計画停電実施以来、当日の電力使用状況を公開してきたが、前日に需要予測を告知することで、事業者や一般家庭に一層の節電を促したい考えだ。



あくまで“予測”なので、節電の意識を持った上で気に留めるべきだろう。
電気使用料が低いと予想される時間帯だからといって、多くの人が気を緩めてしまうと元も子もない。


しかし、電力が不足してくる時間帯に「節電意識を高める」役割は十分に期待できる。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。