スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】ラルク・アン・シエル20周年ライブ大雨に「やりすぎ」

4人ロックバンド、ラルク・アン・シエルが29日、東京・味の素スタジアムで20周年記念ライブを行った。28、29日の2公演で、前日はデビュー当時の楽曲構成、この日は98年から現在までのヒット曲の構成で、2日で20年の歴史を振り返るスタイルとなった。

台風2号の影響で、大雨が降りしきる中、5万人のファンは「HONEY」「花葬」などヒット曲が連続する内容にかっぱ姿で大声援。ボーカルhydeは28日の公演で「雨も演出」と話していたが、この日はさすがに「ちょっとやりすぎかな、雨」と笑わせた。ベースtetsuyaは「いい天気だね、恵みの雨。20年の歴史でこの雨は初めての経験」とあいさつした。

(日刊スポーツ5月29日)



ラルクは今秋に全国ツアー、来年に欧米、アジアを回る過去最大の世界ツアーを行うことを発表した。今回のライブ2公演は、日本のほか、台湾、韓国、英、仏、米など世界6カ国の映画館計12スクリーンで生中継された。2万枚のチケットは即日完売。hydeは海外のファンに向け、サングラスを取り「アンニョンハセヨ、ニーハオ、ボンジュール、ハロー、コンニチハ」と各国の言葉であいさつし、海外のファンもわかせた。2公演のライブの模様は、7月31日にWOWOWで放送される。



雨も滴るイイ男が揃ったバンドですから、憎いほど雨も似合ったことでしょう。
新曲「GOOD LUCK MY WAY」の発売を6月29日に控えたラルク・アン・シエル。
雨上がりの虹は20年経っても輝きを増すばかりだ。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。