スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】“しょこたん”こと中川翔子、小学校のあだ名はペリカンババア?

タレントで歌手の中川翔子(26)が29日、小学校のころいじめっ子の男の子を祖母が撃退し、中川が好きでいじめていたことを白状させたエピソードを披露した。

東京・原宿で行われたネスカフェのイベントにバリスタ姿で登場した中川は、小学校の同級生の男子に「ペリカンババア」とあだ名をつけられてからかわれていた過去を披露。そのことを聞いた祖母が激怒し、学校に乗り込んで問題の男子を説教。「翔子のことが好きなのか」と詰問すると、少年は「はい」と涙ながらに答えたという。

(サンケイスポーツ5月29日)



男の子の実名をあげてエピソードを紹介した中川は「いま考えるとラブラブフラグだったのかも。大事になって申し訳なく思っています」とフォローしたが、その男の子のことは好きだった?との質問には「好きとかじゃなかったです」とバッサリ。



おばあちゃん手厳しいですね!
相手がしょこたんなら、誰だって訳の分からないあだ名付けて気を引こうとするでしょう。
小学校の時の愛情表現なんてそんなものですよね。
思い出せば小学校時、僕にとんでもないあだ名をつけてくれた女子がいましたが、ひょっとして…!?





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。