スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】非常に強い台風2号、沖縄に28日最接近 列島大荒れに

非常に強い台風2号と日本の南に停滞する前線が活発化する影響で、日本列島は28~30日、大荒れの天気となる見通し。気象庁は、大雨や土砂災害への警戒を呼びかけている。

台風2号は27日、石垣島の南約460キロの海上を時速20キロで北に進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートルの暴風となっている。28日には沖縄地方に最接近する見込みで、非常に強い風としけが予想されるという。

(朝日新聞5月27日)



台風は日本の南岸を通過し、30日までには温帯低気圧となる見通し。前線の活動も活発となり、霧島連山・新燃(しんもえ)岳(宮崎、鹿児島県境)では28~29日、1月の噴火以降で雨量が最も多くなるという。
関東甲信の雨のピークは29日昼ごろから。東北は30日を中心に大雨となる可能性がある。


28日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、九州南部250ミリ▽沖縄200ミリ▽東海180ミリ▽近畿160ミリ▽奄美150ミリ▽九州北部150ミリ▽四国120ミリ。



今シーズンイチオシの耐久性バツグンの傘


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。