スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】2PM「BOSS」で日本ドラマデビュー

“野獣アイドル”として人気の韓国6人組、2PMがフジテレビ系「BOSS」(木曜後10・0)で日本のドラマに初出演することが19日、分かった。26日放送の第6話に本人役で登場し、個性派刑事をたばねる室長役で主演する天海祐希(43)と豪華共演。メンバーは「魅力的な女ボス」と大感激。一方の天海は野獣のセクシーな胸板を目の当たりにし、「ハートをわしづかみされた」とノックアウト状態だった。

(サンケイスポーツ5月20日)



美しい野獣の前では、デキる女ボスもキュートな乙女に変身!? 初の日本オリジナル曲「Take off」の“飛行機ダンス”で話題の2PMが、刑事ドラマ「BOSS」で俳優としても日本デビューを飾る。


天海扮する特別犯罪室の“女ボス”大澤絵里子室長と、ケンドーコバヤシ(38)演じるゲイ疑惑のある部下、岩井善治刑事が訪れたクラブで、2PMがライブを行っていたという設定だ。


マッチョな肉体とセクシーなパフォーマンスでアジアを席巻する野獣アイドルは、昨年11月にDVDで日本デビュー。同12月に東京・両国国技館で開催したショーケースライブには2万5000人のファンを動員。今月、初のジャパンツアーも大成功させ、「BOSS」出演でさらに日本での活動に弾みをつける。


マッチョな腕に触れた天海は「芝居を忘れ、本気でキャーキャー言ってしまいました。美しき野獣が、しなやかに歌い踊っていた」と大はしゃぎ。メーンボーカルのジュンス(23)は「2PMとして出演できて光栄」と感激し、メンバー全員が天海のカリスマ性に「女ボスは魅力的」と声をそろえた。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。