スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】舞鶴高1殺害、中被告に無期懲役判決 京都地裁

京都府舞鶴市で2008年5月、府立高校1年の小杉美穂さん(当時15)が殺害された事件で、殺人と強制わいせつ致死の罪に問われた無職中(なか)勝美被告(62)の判決が18日午後、京都地裁であった。笹野明義裁判長は中被告に無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

(朝日新聞5月18日)



中被告は08年5月7日未明、舞鶴市の朝来(あせく)川近くで女子生徒にわいせつな行為をしようとして抵抗され、顔や頭を鈍器で何度も殴って殺害したとして、裁判員制度導入直前の09年4月に起訴された。


中被告は「犯人は別にいる」などとして捜査段階から一貫して否認していた。これに対して検察側は、女子生徒と男が事件当日の未明に通ったとみられる道路の複数の防犯カメラ映像や地元住民の目撃証言などを踏まえ、「残虐な犯行で反省は見いだせない。被害者は1人だが死刑が相当だ」と主張。指紋や凶器など事件と中被告を直接結びつける証拠はない中、検察側が積み重ねた間接証拠を地裁がどう判断するか注目されていた。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。