スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】女子高生見学クラブ「横浜マンボー」関係者を立件へ 労基法違反容疑

18歳未満の女子高生らの下着姿を客に見せたとして、神奈川県警は近く労働基準法違反(危険有害業務の就業制限)の疑いで店舗を運営した関係者ら数人を立件する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。
立件されるのは、横浜市中区福富町仲通の「横浜マンボー」の関係者ら。捜査関係者によると、この店舗では、18歳未満の少女を従業員として雇い、個室からマジックミラー越しに少女の下着姿などを客に見せた疑いがある。県警は4月25日に店舗など複数の関係先を家宅捜索していた。

(朝日新聞5月16日)



県警は風営法や児童福祉法での立件も検討したが、営業形態が性的サービスに当たらないことなどから労働基準法を適用した。同店は個室から少女の制服姿や下着姿などが見られることから、インターネット上などで「女子高生見学クラブ」と呼ばれていた。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。