スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】浜岡原発、全炉の運転停止 5号機も出力ゼロに

中部電力は14日、静岡県御前崎市にある浜岡原子力発電所5号機(138万キロワット)の原子炉を停止した。
4号機は13日に原子炉を停止しており、廃炉が決まっている1、2号機、定期検査中の3号機とあわせて、すべての原子炉が停止したことになる。

(朝日新聞5月14日夕刊)



政府の要請で、稼働中の原発が止まるのは初めて。中部電は今後、2~3年かけて防潮堤などの津波対策をとったうえで、原発の運転を再開したい考えだ。


5号機は14日午前1時20分から、原子炉内に核分裂を抑える「制御棒」を入れて、発電機の出力を下げる作業を始めた。午前10時15分には、中部電本店の中央給電指令所内で5号機の出力を示す電光表示板の数字がゼロになった。午後1時には、制御棒が原子炉内に完全に入り、核分裂反応が止まった。


4号機は13日午後11時45分、原子炉の温度が100度を下回り、安定する「冷温停止」状態になった。


発電電力量の15%を占める浜岡原発の停止で、中部電は今夏、綱渡りの電力供給を迫られる。全炉停止後、何も対策を取らなければ、7月には61万キロワットの電力不足に陥る見通し。中部電はすでに東京電力や九州電力への電力融通をストップ。関西電力など西日本から融通を受けることになりそうだ。このほか、火力・水力発電の増強など、電力不足の回避に向けて「打てる手はすべて打つ」(中部電幹部)構えだ。


Comments


Trackbacks

 地球上の主な生物の行動パターンを大別すると、単独行動と群れを作って行動する二通りの種類に分けられるが、人間はそのどちらにも属するという特殊な行動パターンの持ち主である。  政治の世界にこれを当てはめてみれば、より日本の政治が解り易くなるのではないだ
Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。