スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】年金記録、266万人分ミスの可能性 厚労省など調査

約6億件ある紙台帳の年金記録のうち、3.5%分がコンピューターの記録と合わない可能性がある。
厚生労働省と日本年金機構が10日公表したサンプル調査結果で明らかになった。単純に推計すれば、記録ミスは約266万人分に上る。

(朝日新聞5月11日)



この日公表された調査は、国民年金だけの約6千人と、厚生年金と国民年金の両方の記録がある約1万1千人について実施。それぞれ約1%と約6%が不一致だった。記録を訂正することで、年金額はそれぞれ年平均で8千円と1万6千円増える見込み。最高で年51万円増える人もいた。


これまでの調査で判明した厚生年金だけの人の分を合わせると、全体で約3.5%の記録が一致しない。紙台帳の記録は、死亡している500万人を含め約8100万人分に相当するため、約266万人分の記録の誤りがある推計になる。


紙台帳記録の全件照合は、民主党がマニフェストで掲げ、昨年10月に開始。ただ、記録照合には1人当たり3400円かかっている。
一方、記録を訂正して増える年金額は平均で年600円。そのため「費用対効果から考えて続けるべきなのか」(機構幹部)という声もあり、今後、見直しを迫られる可能性もある。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。