スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】防潮堤 6月までに仮設 福島第一 余震津波を想定

東京電力は30日、福島第一原子力発電所に、仮設の防潮堤を6月中旬までに造ると発表した。また、放射能汚染水がたまっている坑道の出口にあたるたて坑もコンクリートで塞ぐ。東日本大震災の余震に伴う新たな津波に襲われて、汚染水が海に流出したり、さらなる水損で復旧作業が遅れたりするのを防ぐのが狙い。

(朝日新聞5月1日)



東電は4月17日に、事故の収束に向けた工程表を示した。その第1段階として3カ月以内に高濃度の放射性物質を外部に出さないようにするとしている。第1段階達成のための具体策の一つがようやく示された。


東電は、今後マグニチュード(M)8程度の余震が起きる可能性があると想定。高さ7~8メートルの津波が起き、標高10メートルの敷地まで勢いで駆け上がるおそれがあると見込んだ。


東電によると、約1~2メートルの仮設の防潮堤を築く。金網製のかごに石を詰めて積み、遮水シートを挟んで海水が敷地内に浸入するのを防ぐ。防波堤がなく、津波に襲われる可能性が高い敷地南東側の集中廃棄物処理建屋前や、3、4号機のタービン建屋前に造る。


また、津波によって海水が坑道に入り込み、中にたまった放射能汚染水がたて坑の出口からあふれ出て、海に漏れる恐れがある。これを防ぐため、たて坑にコンクリートを詰めて塞ぐ。4号機のたて坑はすでに詰め終わり、他の4カ所を5月下旬までに完成させる。


原子炉建屋が破損している4号機は、使用済み燃料プールの耐震安全性が心配されている。工程表で示していた補強工事に5月上旬に着手。6月中旬までにプール下部に鉄製の柱を入れコンクリートの壁を設置。7月末に工事を完了する。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。