スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸能】ドラマ視聴率 初回は「JIN」が20%超えでぶっちぎりトップ 「遺留捜査」と月9が続く

民放の11年4月期のドラマがほぼスタートした。27日までの初回平均視聴率は、大沢たかおさん主演のSF医療時代劇の続編「JIN-仁-」(TBS系毎週日曜午後9時)が23.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でトップ。上川隆也さん主演の刑事ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系毎週水曜午後9時)が17.0%、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん主演の“月9”ドラマ「幸せになろうよ」(フジテレビ系毎週月曜午後9時)が 16.4%と続き、「JIN」が頭一つ抜け出している。天海祐希さん主演の刑事ドラマの続編「BOSS」(フジテレビ系毎週水曜午後10時)は16.3%で4位発進だった。

(毎日新聞4月30日)



「JIN」は、村上もとかさんのSF医療マンガが原作。大沢さんが演じる大学病院の脳外科医だった南方仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬ら幕末の英雄と知り合って歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。続編は、多くの謎を残したまま終了したため賛否両論を巻き起こした前作のその後が描かれている。


今期は、09年の放送で20%を超す最高視聴率を記録した「JIN」と「BOSS」の“続編対決”が、放送前から視聴者の興味を集めていた。第2 回の放送は「JIN」が18.4%で首位を守り、「BOSS」は15.5%で2位に浮上、「遺留捜査」も14%と高視聴率をキープした。「遺留捜査」は、前期にあたる11年1月期に、水谷豊さん主演の人気シリーズ「相棒 シーズン9」(テレビ朝日系)が期間平均視聴率20.3%(元日スペシャル含む)という高視聴率を記録しており、同じ枠で刑事ドラマが続いたため継続して視聴していると推測される。初回視聴率5位は相武紗季さん主演のラブコメディー「リバウンド」(日本テレビ系水曜午後10時)で14.3%を獲得した。



やはりJINが強いですね。
今期のドラマの多くは主演が40歳オーバーが占めていて、「演技派」らによるクールとなっている。
その中でも相武紗季主演の「リバウンド」が“意外”にも検討しているのが目立つ。
若手代表として、リバウンドには一矢報いてほしい。




JIN―仁― 1

Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。