スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スポーツ】モウリーニョ監督、バルサ戦は鬼門/欧州CL

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦で27日、レアル・マドリードはホームでバルセロナに0-2で敗れた。「クラシコ」と呼ばれるスペインの両雄の対決は今季4度目。そのすべてで退場者を出したモウリーニョ監督は試合後、判定への不満に終始した。

(サンケイスポーツ4月28日)



今季はこれまで国内リーグ、スペイン国王杯の3度の対戦で味方が退場処分を受けていた。この日も後半16分にペペがレッドカード。抗議した監督自身も退席処分となり「バルセロナが相手だとなぜいつも選手を1人減らされるのか分からない。相手がユニセフ(国連児童基金)のマークをつけているからか」と怒りをぶちまけた。


同監督はインテル・ミラノ(イタリア)を率いて欧州CLを制した昨季もバルセロナとの準決勝第2戦で退場者を出して苦戦した。RマドリードのC・ロナウドも「いつも同じ。これって偶然?」と判定に疑問を呈した。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。