スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トッポ・ジージョ(Topo Gigio)

トッポ・ジージョ。
僕の世代はアニメの印象が強いのですが、原作は人形劇なんですね。



トッポ・ジージョ(Topo Gigio)


トッポ・ジージョ(Topo Gigio)とは



意味

トッポ・ジージョ(Topo Gigio)はイタリア人形劇のキャラクター。イタリア・ミラノ生まれのネズミの男の子が主人公の物語。
原作はマリア・ペレゴ(Maria Perego)。


日本では人形劇版に加えて、アニメ版でも知られているキャラクター。



使用例:
トッポ・ジージョが日伊親善大使に就任した。




ちょっとトボけたキャラのトッポ・ジージョ。
現代でいえば「天然キャラ」といったところでしょうか。


ちなみにトッポとはイタリア語で「ネズミ」という意味です。




この「トッポ・ジージョのボタン戦争」が映画上映されたのは1967年のこと。
監督は市川崑さん、脚本には永六輔さんの名前も連なっている作品です。
その作品が2004年にリバイバルされて、現在ではDVDで見ることができます。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。