スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソン・イルグクの竹島運動参加で韓流ドラマ放送見合わせ

BS日テレとBSジャパンは、ソン・イルグク主演の「神と呼ばれた男」、「強力班~ソウル江南警察署~」の韓国ドラマ放送を見合わせた。


ソン・イルグクが竹島領有権主張運動に参加したため、視聴者からのクレーム対策としての放送局の判断だ。


とはいえ、差し替えられた番組もまた韓流番組だという。


韓国のドラマは格安で放送できるため、各局はこぞって韓国ドラマを番組で流す。


でも韓流番組があまりに多いため、韓流に対して反発する声が多く聞かれる状況になってしまった。


懐事情により韓流を流さざるを得ない放送局を少しだけ同情する。


つまり、韓流ブームなる虚像を放送局が押し付けてくるのは
みんながテレビ見ないせいだよ\(^o^)/


 

韓国の俳優、ソン・イルグク氏(40)らが竹島の領有権を主張するため水泳リレーで島に渡ったことを受け、BS日テレとBSジャパンは15日、ともに21日放送予定だった同氏主演のドラマ「神と呼ばれた男」と「強力班~ソウル江南警察署~」の放送を当面見合わせると発表した。「視聴者から抗議や批判を受ける可能性を考慮した」などとしている。


BS日テレは同氏が出演しない別の韓国ドラマに差し替える。


韓国ドラマは購入費が安く、韓流ファンの需要を見込めるため特にBSでの比重が高い。1日最大6本を放送するBS朝日は15日、「高校野球でドラマを放送していない時期にしては『韓国ドラマをやめろ』という電話が多い」、BS-TBSは「世論を見守っているが、韓国人俳優の言動によっては編成も対応せざるを得ない」と話した。

(MSN産経ニュース8月15日)


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。