スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大橋のぞみちゃんが3月いっぱいで芸能活動卒業 中学入学を機に学業に専念

大橋のぞみちゃんが3月いっぱいで芸能活動卒業

最近の子役のトレンドの入れ替わりは早い。


ポニョで一躍有名になった大橋のぞみちゃんだが、いつのまにやら加藤清史郎くんが台頭して、今は芦田愛菜ちゃん、そして、本田望結ちゃんがトップを取ろうかという勢い。



子どもの可愛い時期はそう長くはない。


その刹那的な可愛さに大人たちが群がる。


 
映画『崖の上のポニョ』の主題歌でブレイクした人気子役の大橋のぞみ(12)が、3月いっぱいで芸能活動を“卒業”することを所属事務所が公式ホームページで発表した。

“大橋のぞみの今後について”と題されたHPでは「2012年3月31日をもちまして、芸能活動を終了させて頂く事になりました」と報告。
理由については「かねてより、学業と芸能活動の両立を考えながら活動させて頂いておりましたが、中学校入学を機に、学業に専念する事をご家族、大橋のぞみ本人と話し合い決めさせて頂きました」と説明している。

また、同HPでは、大橋が出演予定の映画『大好きなクツをはいたら』が、制作サイドの都合により中止となったことも明かされているが、所属事務所は「今回の活動終了とはまったく関係ない」としている。

4月から“普通の中学生”となる大橋は、以前から将来の夢に「保母さん」を挙げていた。

(ORICON STYLE 3月6日)



体つきが大人になるにつれ、今までの“子どもらしさ”はなくなる。


でも、世間は今まで通りの“子どもらしさ”のニーズを要求してくる。


子役の難しい所だ。



子役でブレイクして名前が売れたからといって、この「イメージの転換」がうまくいかなければ芸能活動もままならない。


売れっ子子役たちの両親が進んで子役たちを再ブレークしようと頑張る中、大橋のぞみちゃんの両親は英断だったのだろう。





Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。