スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽ブランド品の9割以上が中国から 税関での差し止め

模倣品や海賊版など、著作権を無視して販売する業者が絶えない中国。


財務省によると、日本の税関で偽ブランド品を差し止めたうち9割が中国だという。



GDPは世界2位の中国。
「大国」ではあるが、まだまだ経済大国と呼ぶには疑問符がつく。


 
全国の税関が2011年に輸入を差し止めた偽ブランド品の9割以上が中国からだったことが、財務省のまとめでわかった。米アップル社のロゴが入ったスマートフォン(多機能携帯電話)用ケースなど、流行に便乗した偽物が目立つ。

財務省関税局によると、知的財産を侵害しているとして昨年1年間で輸入を差し止めた件数は、前年比0.2%増の2万3280件。差し止め品が正規品として売られた場合の被害推定額は約145億円になる。輸入元の国別では、中国が91.2%を占めた。

品目では靴、衣類、バッグが多かった。高級ブランドのデザインをまねたり、偽のブランドマークを付けたりしていた。携帯電話や付属品の偽物は、前年比2.6倍と大幅に増えた。DVDなどCD・レコード類の差し止めも3割増えた。

(朝日新聞3月4日)



中国当局も、こういった著作権・商標権侵害を重くみようとはしていない。


中国の発展をよく思わない日本人も多いようだが
国の規模から見ても、これから先、中国と張り合うのは難しいだろう。


世界のリーダーを目指すなら、それ相応の責任感を持って欲しいものだ。



今のところ、まだ中国はただデカイだけの“ウドの大木”でしかない。





Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。