スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラルクアンシエルがワールドツアー開幕 香港ファン熱狂!

ラルクアンシエルがワールドツアー開幕 香港ファン熱狂!


hydeが「準備はいいか? 行こーぜ!!」と広東語で呼びかけると、会場のボルテージは最高潮に。


総立ちの観客の中には感激のあまり泣き出す女性も現れた。


 
ロックバンド、ラルク アン シエルが当地のアジアワールドエキスポで、30万人超を動員する同バンド史上最大規模のワールドツアーをスタートさせた。

約4年ぶりの香港上陸に、ボーカルのhydeは「香港!! ホウション ギンミン(本当に会いたかった)!!」とシャウト。

ハードロックから繊細で美しいバラードまで緩急織り交ぜたステージで、会場の約1万人を圧倒した。

(サンケイスポーツ3月4日)



4年ぶりのワールドツアーは、香港公演を皮切りに11カ国・地域13都市15公演を転戦。バンコク、ニューヨーク、ロンドン、ハワイなどは初上陸で、25日には日本人アーティスト初の単独公演となる米音楽の聖地、マディソンスクエアガーデン公演に挑む。


香港では、90年代の日本ブームとともにラルクのヒット曲も上陸。
Jロックの新風を吹き込んだとして、当地の音楽ファンに「ロックの先駆者」と崇拝されており、昨今のインターネットの普及で人気はさらに加速。
彼らの楽曲に気軽に親しんでいることもあり、香港っ子は自然と日本語歌詞を口ずさむなど日本同様の熱狂ぶり。


モンスターバンドを取材しようと中華圏メディア約40媒体も詰めかけた。





Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。