スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセロ・中島知子、自宅マンション退居か 警察署員も同行

自称占い師の女性からの洗脳疑惑があるオセロの中島知子が、関係者の説得で自宅マンションを出たとサンケイスポーツが伝えている。


 
オセロ・中島知子、自宅マンション退居か“洗脳”騒動の渦中にあるお笑いコンビ、オセロの中島知子(40)が先月下旬、関係者の説得を受け、自称占い師の女性と同居する東京・渋谷区の自宅マンションから連れ出されていたことが3日、分かった。

東京地裁で家賃滞納訴訟の判決があった先月28日か29日の出来事とみられる。しかし、占い師によるマインドコントロールが強く、周囲は中島を慎重に説得しているもようだ。

(サンケイスポーツ3月4日)



世間にまったく姿を見せない中島。その裏で、関係者や家族による必死の奪還作戦の第1幕がひそかに決行された。


複数の関係者の話を総合すると、最初に動きのあったのは先月28日夜。
父親が相談する弁護士や所属事務所関係者らが自宅マンションを訪れ、ドア越しに説得。
その際、中島が個人事務所として使う向かいのマンションをめぐり、東京地裁であった家賃滞納裁判の判決で中島が全面敗訴したことを伝えたという。


その場には警視庁渋谷署員も同行。
このままだと個人事務所が強制執行され、その際再び警官が出動する事態になることも伝えたもよう。
警視庁広報課は3日、サンケイスポーツの取材に「そういう動きがあったかどうかは、まだ聞いていない」としたが、中島はかなり動揺し、占い師の元を離れ自宅を出たものとみられる。


実際、翌29日朝、警官とみられる男性2人が、中島の自宅マンションと個人事務所のマンションの出入り口などをチェック。
その前後に、窓にスモークをかけた乗用車が何台も地下駐車場から出入りしており、28日から29日にかけてマンションを離れたようだ。


占い師も姿を見せておらず、個人事務所マンションに住んでいた占い師の母、叔母らも先月28日に中島の自宅マンションに入ったまま姿を見せていない。
部屋の電気は消えており“占い師ファミリー”もどこか別の場所に移った可能性もある。





Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。