スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモ、個人情報流出の可能性も spモード不具合の経緯を説明「あってはならない」

携帯電話でこういうことが起こりうるとは知りませんでした。
これから利用者の目も一層厳しくなるのではないでしょうか。


12月20日12時22分から14時25分に、NTTドコモのスマートフォン向けメーラー「spモードメール」で、他ユーザーのアドレスが誤って設定されるという不具合が発生した。

これを受け、ドコモは12月21日午前に記者会見を開き、その経緯と今後の対策について説明した。

不具合の概要については、代表取締役副社長の辻村清行氏が説明。
自分のメールアドレスが第三者に流出してしまうこともあり「あってはならないこと」と辻村氏は話した。

山田隆持社長はインドへ出張中のため会見に出席できなかったが、「山田とは緊密に連絡を取り合い、まず復旧に取り組むこと、事実関係を早期に知らせることについて全力で対応している。お客様への対応にも怠りがないようにと話している」とのこと。

(ITMedia 12月21日)



今回の不具合で影響を受けた可能性があるのは、spモードを利用する一部ユーザー。


spモードは現在670万ほどの契約があるが、うち約10万ユーザーに影響があった可能性がある。
後述する関西地区での伝送路の故障に起因するため、spモードのサーバは東京にあるが、関西ユーザーの方が多いという。


不具合に該当する場合、例えばAさんからBさんにメールを送ったにもかかわらず、Bさんが受信したメールには異なるアドレスのCさんが差出人として表示される。その際にBさんが返信すると、メールはAさんではなくCさんに届いてしまう。
この例では、AさんとCさんはspモードメールのユーザーだが、Bさんには他社のメールサービスやPCメールのユーザーが含まれる。


辻村氏は「まずは被害を受けたであろうお客様の特定を急ぎ、AさんとCさんについてはログデータを分析することで1週間ほどで確認できる。Bさんについては他事業者さんの協力が必要になるが、さまざまな方法でアプローチしたい」と説明し、状況把握に努めることを強調した。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。