スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンクブーブーが「THE MANZAI 2011」優勝! M-1と合わせ2冠達成

千鳥応援してたんですが、やはりパンクブーブーは安定感がある。


M-1優勝と同様に露出が増えるだろうが、今度はそれを生かせるかどうか。
楽しみにしてますよパンクブーブーさん。


2011年最も面白い漫才師を決める『THE MANZAI 2011~年間最強漫才師決定トーナメント』(フジテレビ系)が17日に生放送され、パンクブーブーが王者に輝いた。

$気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-パンクブーブーが「THE MANZAI 2011」制すプロ漫才師1516組の中から見事頂点に君臨し、“最強漫才師”の称号を手にした。
『M-1グランプリ2009』王者と合わせ“2冠”となり、ボケ担当の佐藤哲夫は涙を浮かべながら「今は何もボケが浮かばない…」、ツッコミ担当の黒瀬純も「本当に嬉しいです!」喜びを噛み締めた。
 
決勝トーナメントには予選大会、さらに本戦サーキットを勝ち抜いてきた囲碁将棋、チキチキジョニー、ナイツ、磁石、Hi-Hi、テンダラー、スリムクラブ、ハマカーン、学天即、博多華丸・大吉、アルコ&ピース、パンクブーブー、エルシャラカーニ、千鳥、ウーマンラッシュアワーの上位15組が出場。
さらに、当日行われた「ワイルドカード」決定戦を勝ち上がった銀シャリの計16組により行われた。

(ORICON STYLE 12月17日)



16組はA~Dのブロックに4組に別れ、各ブロックで得票数が最も高かった漫才師1組がそれぞれ決勝戦に進出した。


みごと決勝戦にコマを進めたのは、ナイツ(Aブロック勝者)、Hi-Hi(Bブロック勝者)、パンクブーブー(Cブロック勝者)、千鳥(Dブロック勝者)の4組。
各漫才師たちが一番自信のあるネタをチョイスし、“笑いの応酬”を繰り広げた。ネタの完成度はもちろん、漫才師のたちの気合いやスタジオの空気感、4時間以上の生放送にもかかわらず中だるみしない番組編成と、“最強漫才師”を決めるに相応しい大会となった。


大会の審査放送は審査員9名、さらに携帯電話で誰でも参加できる「国民ワラテン」で視聴者も漫才師を採点。
審査員には西川きよし、秋元康、テリー伊藤、関根勤、大竹一樹(さまぁ~ず)、渡辺正行、木村祐一、天野ひろゆき(キャイーン)、高須光聖(放送作家)が務めた。


優勝者には、フジテレビ系のレギュラー番組(新番組)を贈呈。副賞として『笑っていいとも』(19日放送に出演)、『めちゃ×2イケてるッ!』(やべっち寿司)、『キカナイト』2ほか、同局のバラエティ番組への出演なども約束される。


同番組は、横山やすし・西川きよし、ツービートらを輩出し、漫才ブームを巻き起こした伝説の漫才番組『THE MANZAI』を約30年ぶりに復活させ、年間最強漫才師を決定する新たな大会。元タレントの島田紳助さんが発起人となり華々しくスタート。
だが紳助さんの芸能界引退に伴い、一時は大会中止も危ぶまれたが、お笑いタレントのビートたけしが最高顧問に就任、司会をナインティナインが務め、無事に大会を終えることが出来た。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。