スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルートレイン「日本海」と急行「きたぐに」定期運行取りやめ JRダイヤ改正

JR各社は16日、来年3月17日のダイヤ改正を発表した。利用客の減少と車両の老朽化に伴い、寝台特急「日本海」(大阪-青森)と寝台急行「きたぐに」(大阪-新潟)の定期運行を取りやめるほか、山陽・九州新幹線の直通便を増発する。

「日本海」は昭和25年に運転を開始。
青い客車の寝台特急は「ブルートレイン」と呼ばれ、かつては人気を集めたが、廃止が相次ぎ、大阪駅を発着するブルトレは来春でなくなる。

一方、36年に運転を開始した「きたぐに」は、57年から大阪-新潟間を結ぶ。いずれも年末年始など利用客の多い時期に臨時列車として運転する予定。

(MSN産経ニュース12月17日)


$気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-ダイヤ改正で廃止されるJRの寝台特急「日本海」
来春のダイヤ改正で廃止されるJRの寝台特急「日本海」


また、利用が好調な山陽・九州新幹線は朝夕の時間帯を中心に「みずほ」を1往復、「さくら」を7往復増発する。
東海道・山陽新幹線は300系を引退させ、東海道新幹線はN700系と700系に統一。山陽新幹線からは100系が姿を消す。


在来線では、京都・新大阪-紀伊田辺・白浜間を運転する特急「くろしお」に新型車両287系を投入、列車名は現行の「くろしお」「スーパーくろしお」「オーシャンアロー」を、国鉄時代からの名称「くろしお」に統一する。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。