スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘキサゴン終了 「島田紳助抜きでは限界」判断で打ち切り 栄華を極めた8年半に幕

暴力団関係者との親密交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん(55)が司会を務めていたフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」(水曜、後7・00)が今月いっぱいで終了することが13日、分かった。

28日放送の「‐卒業式 超クイズパレード!2時間スペシャル」が最終回となる。紳助さんの引退後、代役司会で放送を続けていたが、「紳助さん抜きでは限界がある」(関係者)と判断し、8年半の歴史に幕を閉じることになった。

ヘキサゴン終了 「島田紳助抜きでは限界」判断で打ち切り 栄華を極めた8年半に幕

紳助さんが引退会見で「芸能界での思い出」として名前を挙げるほど、思い入れの強かった番組が、紆余(うよ)曲折の末に姿を消すことになった。

(デイリースポーツ9月14日)



突如、名物司会者を失ったヘキサゴンは、後任を探せず、2週間休止。今月7日と14日放送分は、FUJIWARA・藤本敏史(40)や上地雄輔(32)らヘキサゴンファミリーから代役司会を立てることで、しのいだ。


視聴率は、紳助さんが出演したラスト3週平均が11・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったのに対し、7日は10・9%(同)。ほぼ横ばいの数字とはいえ、“紳助カラー”が強かっただけに、番組関係者は「紳助さん抜きでは限界があり、成立しない部分もある」として、続行不可能の結論を下した。


ヘキサゴンはもともと、02年7月に深夜帯で前身番組がスタート。03年4月には紳助さんが司会となり「クイズ!ヘキサゴン」としてゴールデンに進出した。05年10月から「‐2」にリニューアルすると、出演者がクイズの珍回答を連発し、“おバカブーム”を巻き起こした。派生ユニット「羞恥心」と「Pabo」は、08年にNHK紅白歌合戦に出場。一時代を築いた人気バラエティー番組だったが、司会者の電撃引退により不本意な形での幕引きとなった。


後番組については、現在協議中。10月は改編期特番、11月はバレーボールW杯中継、12月は年末特番を放送することで対応し、新番組の登場は年明けになる見込み。紳助さんの引退で激震が走ったテレビ業界だが、完全決着は越年となりそうだ。







・関連記事
リンク1リンク2「紳助社長のプロデュース大作戦!」が打ち切り 紳助司会番組で引退後初 ノッチは?夢来人は?

リンク1リンク2「ポスト紳助」争奪戦!筆頭は上田晋也?お笑い勢力図が塗り替わる


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。