スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうこりんに「待った!」 小倉優子写真集にアヴィラが仮処分申立

7月、裁判所の「双方の契約は終了している」という判断で終わったに見えた問題だが、ゆうこりんにとってはまさかの延長線が待っていた?


小倉優子写真集にアヴィラが仮処分申立タレントの小倉優子(27)との専属契約を主張する事務所アヴィラが13日、小倉の写真集「幸福論」(16日発売)の出版元の講談社に対し、東京地裁に出版・販売禁止の仮処分申し立てを行ったと文書で発表した。

アヴィラがマスコミ各社にFAXした文書によると、同社は今月9日に小倉の専属契約の確認を求める本裁判を東京地裁に提起したという。小倉とアヴィラの専属契約については、今年7月4日に東京地裁が「昨年12月31日で契約は終了している」との仮処分決定を下しているが、同社は「納得致しかねる」として徹底抗戦の構えだ。

(テレ朝news 9月14日)



一方、小倉は東京地裁の仮処分決定を受け、8月にプラチナム・プロダクションに移籍。講談社は「東京地裁が判断したように、すでに小倉さんは新事務所に移籍しており、今回の写真集の出版には何ら支障はないと考えています」とコメントしている。


小倉は年内にヘアメイクアーティストとの結婚が予定されているが、両者の攻防は続きそうだ。





予約受付中だが…
どうなる?



・関連記事
リンク1リンク2小倉優子、事務所との契約問題解消で結婚へ


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。