スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『THE MANZAI 2011』本選出場芸人50組が決定! スリムクラブ、ナイツらが再び対決

「南海キャンディーズ」が通ったことに驚きです。
しずちゃんが“お笑い”を忘れていないのか、本選で注目したいところ。



『THE MANZAI 2011』本選出場芸人50組が決定!

日本で最もおもしろい漫才師の称号をかけ、年末に決勝大会が開催される『THE MANZAI 2011』(フジテレビ系)の本選出場芸人に、お笑いコンビ・ナイツ、スリムクラブ、ジャルジャルら50組が決定した。
2010年の『M-1グランプリ』ラスト大会の決勝にも出場したナイツは「参加した以上は優勝目指して頑張ります」、こちらも『M-1』で大ブレイクを果たしたスリムクラブ・真栄田賢も「今までの賞レース以上の結果が出るように頑張ります!」と意気込む。50組は今後「THE MANZAI 2011認定漫才師」として本戦サーキットに進み、12月に生放送される決勝大会出場者16組の座を争う。

50組の「~認定漫才師」には、『M-1グランプリ』ラスト大会となった2010年の決勝進出者からジャルジャル、スリムクラブ、銀シャリ、ナイツ、ハライチ、敗者復活戦勝者のパンクブーブーらが決定。“コンビ結成から10年以内”という出場制限がない同大会では博多華丸・大吉、アメリカザリガニ、ダイノジ、千鳥、はりけ~んず、メッセンジャーらも勝ち進んでおり、ベテラン、若手が入り混じっての熱い火花を散らすこととなる。

(ORICON STYLE 7月15日)



本戦進出を決めた南海キャンディーズ・しずちゃんは「嬉しいです! でもここからどんどん厳しくなってくると思うので、それを乗り越えられるように頑張りたいと思います」。現在ボクサーとして五輪出場を目指しトレーニング中だが、“本業”でも王座獲得を狙う。


1980年から1982年まで放送され、B&B、ツービート、紳助・竜介らが出演し一大漫才ブームを巻き起こした伝説の番組『THE MANZAI』(フジテレビ系)が29年ぶりの復活となる同大会。「プロの漫才師であること」、「年齢、芸歴の制限なし」の2点を参加資格に、1516組の応募者が倍率30倍超の戦いを繰り広げ、予選1回戦で230組に、2回戦で50組まで絞られた。本戦出場資格を得た50組は、「THE MANZAI 2011認定漫才師」として10月2日から11月27日に東京、大阪、京都で計5回開催される「本選サーキット」へ進出。それぞれ別日に計2回漫才を披露し、上位16組が決勝大会へ駒を進める。






Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。