スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグルのトップ画面が「聖ワシリイ大聖堂」仕様!モスクワの世界遺産の450周年を記念

今日12日、Googleのトップ画面に行くと華やかな宮殿(?)のイラストがホリデーロゴとして使われている。
どうやら、モスクワにある世界遺産を記念しての事だという。
ディズニーランドにありそうな聖堂ですね。



グーグルのトップ画面が「聖ワシリイ大聖堂」仕様!


聖ワシリイ大聖堂とは


意味

聖ワシリイ大聖堂(Собор Василия Блаженного)。
ロシアの首都、モスクワの赤の広場に立つロシア正教会の大聖堂。正式名称は「堀の生神女庇護大聖堂」。


1551年から1560年にかけて、イヴァン4世(雷帝)が、カザン・ハーンを捕虜とし勝利したことを記念して建立した。ロシアの聖堂でもっとも美しい建物のひとつと言われる。
1990年にユネスコの世界遺産に登録された。


中央の主聖堂を、それぞれがドームを戴く八つの小聖堂が取り囲んでいる。主聖堂、八つの小聖堂のそれぞれに至聖所があり、合計九つの聖堂が集まって一つの大聖堂を形成している



この聖ワシリイ大聖堂、2度の崩壊危機をくぐり抜けてきているという。
1度目はフランスのナポレオンがロシアのモスクワを占領したとき。
2度目はスターリンの社会主義体制下に入ったとき(社会主義下では宗教は認められないため)。



聖ワシリイ大聖堂 画像

聖ワシリイ大聖堂 花火 画像

ストーリーを知ると、美しさもなお倍増するような気がします。





Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。