スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閣僚トップは松本龍復興相、首相は党首3位 議員所得

宮城県知事に暴言、マスコミに脅しをかけた松本龍大臣の所得は閣僚トップ。
さらなるバッシングのタネにならなければ良いのですが。


4日に公開した2010年の国会議員所得報告書で主要10政党党首の所得を見ると、国民新党の亀井静香代表が4466万円で最も多かった。民主党代表の菅直人首相は3222万円で3位。菅内閣の閣僚では松本龍復興対策担当相が7143万円でトップだった。

(日本経済新聞7月4日)



$気になるあの言葉・あのニュース!大辞典-議員所得

首相の所得の大部分を占めたのが3104万円の給与所得。昨年6月の首相就任に伴い給与が増えたことが、前年に比べ949万円増加の主因となった。著書の印税や原稿料などによる収入も137万円あったが、不動産所得では18万円の損失を計上した。


首位の亀井氏は警備会社など3社・団体の顧問料、テレビ出演料、原稿料などの雑所得が2298万円に上った。郵政・金融担当相時の議員歳費への上乗せもあり、前年首位だったみんなの党の渡辺喜美代表を抜いた。自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表、共産党の志位和夫委員長らは議員全体の平均所得を下回った。


閣僚の中で所得トップの松本氏は、貸家や貸地による不動産所得だけで4958万円。ただ、株式の売却で969万円の損失を出したことが響き、前年より1500万円近く所得を減らした。


「ポスト菅」候補に名前が挙がる議員では、テレビ出演料や原稿料が400万円を超えた原口一博前総務相が3024万円で1番。前原誠司前外相が2641万円、仙谷由人官房副長官が2638万円、岡田克也幹事長が2606万円と、鳩山前政権・菅政権で主要閣僚を務めた議員が上位に並ぶ。樽床伸二元国会対策委員長(1899万円)らは全体の平均所得以下にとどまった。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。