スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナダルが決勝進出 ジョコビッチと対戦へ/ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン選手権第11日は1日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準決勝があり、2年連続3度目の優勝を狙う第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と、1月の全豪オープンを制した第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が勝って決勝進出を決めた。


ナダルは5―7、6―2、6―2、6―4で地元のアンディ・マリーに逆転勝ち。英国勢として75年ぶりの優勝を目指した第4シードのマリーの夢を打ち砕いた。


ジョコビッチは、過去2勝5敗と相性の悪かった第12シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を7―6、6―2、6―7、6―3で振り切り、初の決勝に進んだ。


決勝は最終日の3日に行われる。


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。