スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷を浮かべて飲むビール「アイスプラスビール」 キリンの新感覚ビールが7月から販売

「ビールをロックで」。
そんな言葉が定着する日も遠くないかも!?


キリンビール株式会社は、“氷を入れるとコクが引き立つ、新スタイルビール”として、「キリン アイスプラスビール」を7月27日に全国のコンビニエンスストアにて数量限定で発売する。
今年は節電などの影響で例年よりも“暑さ”対策への需要が広がることが予想される中、ビールの新しい楽しみ方を提案することで、市場全体のさらなる活性化と総需要拡大を図るという。



氷を浮かべて飲むビール「アイスプラスビール」 キリンの新感覚ビールが7月から販売

近年、嗜好の多様化にともない、ウイスキーや焼酎だけでなく、ワインや日本酒など、様々なカテゴリーにおいて“ロック”や“ソーダ割り”といった新しい飲み方が広がっている。キリンビールはこのニーズに着目し、ビールでも“氷を入れて飲む”というユニークな新スタイルを提案するとともに、今後は“氷を入れて飲むビール”のカテゴリー化を目指す考えだ。


ビールは5度前後が適温とされるが、氷を入れると0度近くになる。氷が溶けると味が薄くなってコクが落ち、酸味や苦みを感じやすくなるといった弱点を克服するため、かんきつ系の香りが特徴のカスケードホップを使うなどして濃いめの味に仕上げた。開発担当者は「バニラアイスを入れてもおいしい」と話す。



「キリン アイスプラスビール」
2011年7月27日発売(※数量限定発売)
350ml缶
アルコール5.5%
価格は217円程度


Comments


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。